« はまぐり!! | トップページ | 枝豆ひじきご飯 »

水無月

Img_3025


水無月を作りました。

6月30日に食べるのが正しいそうですね。
京都では1年の折り返しにあたる日に、半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓」が行われるそうです。
水無月にのっている小豆には悪魔払いの意味があり、三角形は暑気を払う氷を意味しているんですって!
(危なく四角く切るところだった^^;)

混ぜて蒸すだけ、意外と簡単に出来ます^^
涼しげで夏にぴったりの和菓子です。


*水無月*
(15×13cm流し缶)
くず粉            30g
白玉粉            20g
水               1カップ
薄力粉             70g
砂糖               70g
甘納豆             適量

1、ボウルにくず粉・白玉粉を入れて手でつぶしながら少しずつ水を加える、
2、別のボウルに薄力粉と砂糖を合わせておく。
  1を少しずつ加えてこす。
3、生地を1/5ほど残し、水で濡らした型に流して強火で20分蒸す。
4、甘納豆を全体に散らし、残しておいた生地を流し入れ再び8分蒸す。
  粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし三角形に切り分ける。

« はまぐり!! | トップページ | 枝豆ひじきご飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はまぐり!! | トップページ | 枝豆ひじきご飯 »