レシピ

秋刀魚の混ぜご飯の作り方

Img_7213

秋刀魚の塩焼きが1尾余りました。。
炊き込みご飯と迷ったのですが、暑かったので薬味をたっぷり入れて混ぜご飯に。

10月なのに気温32度はおーかーしーいーよー_ノフ○ グッタリ


*秋刀魚の混ぜご飯*
(2人分)
ご飯             1合分
秋刀魚の塩焼き      1尾
醤油             大さじ1
しそ              5枚
おろし生姜         大さじ1
みじんねぎ         大さじ2
ごま             大さじ1
レモン汁           お好みで

1、ご飯をボウルに入れて秋刀魚をほぐしながら入れる。
2、しそ・生姜・ねぎ・ごま・醤油を加えてさっくり混ぜる。
3、お皿に盛って食べる直前にレモン汁をかける。

しっとりスイートポテトの作り方

Img_7185_2

9月になったと思ったら、もう10月。
年末がチラついてきましたw(゚o゚)w
月日が経つのが速すぎるーーー


今日は秋に食べたくなるスイートポテトを作りました。
さつま芋はお気に入りの紅甘優です。
ただ蒸かすだけでもとっても甘くてしっとりで、売っているとつい買ってしまいます。
(ちなみにりんごは秋映が好き♡)

喉が渇くスイートポテトは好きではないので、出来立てはふんわり、冷やすとしっとりを目指して作りました。
ラム酒が効いた美味しいスイートポテトです^^

*しっとりスイートポテト*
(約8cm×10個分)
さつま芋          中2本(450g)
バター            30g
砂糖             35g
生クリーム         100ml~130ml
ラム酒            大さじ1

1、さつま芋を蒸かす。
2、熱いうちにフードプロセッサーに入れて、バター・砂糖・生クリーム・ラム酒を加える。
  滑らかになるまで回す。
3、絞り袋に入れて天板に5cmくらいずつ絞り230度のオーブンで2~3分、軽く焼き目をつける。

ガーリックペッパーライス

Img_7075


週末の夜ご飯。
炒めて作るのは大変なので炊き込んでみました。
「ファミレスみたい!」となかなか好評だったので作り方を載せておきます。

*ガーリックペッパーライス*
(4人分)
白米         3合
ウィンナー      5本
にんにく       2片
酒          大さじ2
塩          小さじ1/2
醤油         大さじ1
コーン缶       小1缶
バター        10g
青ねぎ        1/4束
ブラックペッパー たっぷり

1、白米を研いで炊飯器に入れ目盛りの分量のまで水を注ぐ。
  ウィンナーは食べやすく切り、にんにくはすりおろして加える。
2、調味料を入れて炊く。
3、炊き上がったらコーン缶・バターを加えてさっくり混ぜ合わせる。
4、お皿に盛ったら青ねぎ・ブラックペッパーをかける。


Img_7095


今日のお弁当は・・・
・豚肉の生姜焼き
・かにかま玉子焼き
・ピーマンお浸し
・里芋とこんにゃくの煮物
*ご飯・花ふりかけ

Img_7097


息子のお弁当は生姜焼きのせで。

スタバのキッシュを作ってみたよ!

Img_4592


大好きなスタバのキッシュ♡
お家でも食べたくなって作ってみました^^


*スタバ風ベーコンとほうれん草のキッシュ*
(20cmタルト型)
冷凍パイシート        2枚
ほうれん草          1/2束
ベーコンブロック       100g
卵                 2個
牛乳                50ml
生クリーム            130ml
クリームチーズ         100g
じゃがいも            小2個
ミートソース           適量
塩こしょう

1、冷凍パイシートを解凍して麺棒で伸ばして型に敷き込む。
2、じゃがいもを洗って水分がついたままラップにくるみ、レンジ(500w)で4分~4分半加熱する。
  皮を剥いて薄く切る。
3、ほうれん草を食べやすく切り、フライパンでさっと炒めて塩こしょうする。
  ベーコンは大きめに切る。
  ボウルに卵をときほぐし、牛乳・生クリーム・クリームチーズを加えてよく混ぜる。
4、1にじゃがいもを敷き詰め、ミートソースをかける。
  ほうれん草・ベーコンをのせ、卵液を流し180度のオーブンで30分焼く。

豆大福

Img_4259


すっかり忘れてました、
このブログが「レシピ帖」だってこと(ノ∀`)ヤダー

最近お気に入りの豆大福のレシピです♪
美味しいお茶を入れてどうぞ ^^) _旦~~

*豆大福*
(7~8個分)
もち粉               200g
砂糖                 40g
水                  1カップ

あんこ                300g
えんどう豆             適量
片栗粉               適量

1、ボウルにもち粉・砂糖を入れてよく合わせる。
  水を注ぎ、なめらかになるまで混ぜる。
2、水でぬらしてかたくしぼったさらしで生地を包み、20分蒸す。
3、蒸している間にあんこを7~8個に丸めておく。
4、蒸し上がった生地をこねてえんどう豆を混ぜ込む。
5、片栗粉の上にとり、手粉をしながら熱いうちにあんこを包む。

豆腐白玉みつ豆

Img_3424


ここ最近、昼間は暑いくらいなのでさっぱりしたスイーツを作りました。
簡単すぎて「作った」と言うほどではないですが^^;
久し振りに白玉を食べたら美味しくて、3日連続です♡


*豆腐白玉みつ豆*
(1人分)
白玉粉           20g
絹豆腐           20g
みつ豆缶          1缶

1、ボウルに白玉粉と絹豆腐を入れて塊をつぶすようによくこねる。
2、棒状にして小さくちぎって丸める。
3、熱湯で3分茹で、氷水にとる。
4、水気をきってみつ豆缶と共にお皿に入れる。

バッテラ寿司

Img_3396


主人と私が大好きなバッテラ寿司♡
なかなか生で食べられる新鮮な鯖が売っていないから、これはお店で食べるものだと思っていました。

ですが最近は鯖も釣ってきてくれるので安心してお家で作れます(*^^*)

以前は「バッテラ寿司の昆布がない~」とがっかりしていましたが、今は常備しているから大丈夫!(^^)!
いつでも美味しいバッテラ寿司が作れます♪


*バッテラ寿司*
(18cmパウンド型使用)
新鮮な鯖          1尾
塩               適量
ご飯              2膳分
  ☆酢            大さじ3
  ☆砂糖          大さじ2
  ☆塩            小さじ1
バッテラ用昆布        適量

1、鯖を3枚におろす
  鯖の両面にたっぷり塩をふり、バットに並べる。
  バットを斜めに傾けて余分な水分を出す。
  ラップをしないでこのまま1~3時間おく。
  (※臭みと一緒に水分が抜けます。暑い日は冷蔵庫に。)
2、塩をふった鯖をさっと水で洗い、キッチンペーパーでしっかり水をきる。
3、バットに☆印の調味料を合わせて2の鯖を漬ける。
  空いているところにバッテラ用昆布も漬け、20分経ったら取り出し、鯖の骨と皮を丁寧に取り除く。
4、型にラップを敷き、昆布を並べ鯖をおく。
  ご飯に3の残った甘酢を混ぜて型に入れる。
  ラップで覆い、押して形を整える。このまま1時間くらい冷蔵庫でねかせる。
  ※切るときはラップごと切ると崩れにくいです。

栗の渋皮煮

Img_3377


栗の渋皮煮を作りました。
栗は母のお友達の持ち山で獲れたもの!
(持ち山って・・・)
そのまま蒸しただけでもほっくり甘くて、そんな栗を使った渋皮煮もやっぱり美味しい(*^^*)

モンブランを作ろうと思っているのに、冷蔵庫を開けるたびに1個、また1個と食べているからもうなくなりそう。
こんな美味しい栗にはなかなか出会えないだろうなぁ・・・。


*栗の渋皮煮*
栗                500g
重曹              大さじ3
砂糖               200g
ラム酒          50~100ml

1、皮を剥きやすくするために熱湯に栗を入れて一晩おく。
2、渋皮を傷つけないように鬼皮を丁寧に剥く。
3、鍋に栗とひたひたの水・重曹大さじ1を入れて火にかける。
  沸いたら弱火で30分煮る。
  栗をざるにあげ、水の中で筋を取る。
4、3を2~3回繰り返す。
5、鍋に水気を切った栗と砂糖・ひたひたの水を入れてキッチンペーパーで表面を覆い火にかける。
  沸いたら弱火で30分煮る。
  完全に冷めたらラム酒を加えて、冷蔵庫で保存する。
  (※1か月で食べきるのがベストです)

トマトロールキャベツ

Img_3353


気温差が凄くて毎日何を着ていいやら迷ってしまいます(;´д`)
さすがにもう30度近くにはならないでしょうね・・・?

寒くなってくるとコトコト煮込み料理が楽しみに♪
お腹だけではなく心も体もポッカポカ^^
そんなお家ごはんで毎日家族の帰りを待ちたいなぁと思っています。


ちなみに昨日はロールキャベツでした。
コンソメ味も好きだけど、我が家は断然トマト派!!
すっきりした味で食べ飽きません(*^^*)


*トマトロールキャベツ*
(4人分)
ロールキャベツ       8個
水            1000ml
塩             小さじ2
ローリエ            3枚
がらスープ素       大さじ2
トマト缶            1缶

1、鍋に水・塩・ローリエ・がらスープ素を入れてロールキャベツを並べる。
2、火にかけて沸いたら落し蓋と鍋蓋をして1時間煮る。

いくらの作り方

Img_3317


キラッキラの赤い宝石のようないくらです。

毎回色々ないくら漬けに挑戦しましたが、やっとこれだ!というのが決まり今シーズン5回目です。
作っても作ってもすぐになくなってしまう^^;

我が家のいくらは醤油漬けではなくて塩いくらです。
この方が色が鮮やかで、味も上品なので気に入っています。

筋子が出回る季節は短いですからお見逃しなく!


*いくらの作り方*
(作りやすい量)
筋子            1腹
  ☆水          350ml
  ☆塩          25g

1、お鍋に60度のお湯を沸かす。
  筋子を入れて菜箸でほぐしていく。
  (膜を取り除く感じで)
2、お湯を捨て水を何度も替えながら浮いてくる膜を取り除いていく。
3、水がきれいになってきたらざるにあげ、☆印を合わせた塩水に漬けて3時間おく。
  ※白っぽくなった筋子が鮮やかな赤色に変わるのが感動!

お湯に入れても煮卵にはならないので安心してください。
調味液に漬けると鮮やかないくらになりますから^^
容器に入れて冷凍保存も出来ます。
解凍は冷蔵庫でゆっくり。
食べきる場合は1週間以内にどうぞ♪

より以前の記事一覧